在職やパートに向いている資格は

2014年6月19日

mastermind JAPANとコラボ

Filed under: ブリング — admin @ 11:18 PM

本間正章氏が1997年に設立したブランドmastermind JAPANではこれまで、有名な人物やブランドなどとコラボレーションしてきました。

大変な人気を呼んだコラボレーションの数々を紹介していきたと思います。

映画監督や写真家として有名な蜷川実花とコラボレーションしたところ、ipadケースは爆発的人気で完売となりました。

そして、意表を突くコラボレーションとしましては、秀ちゃんラーメンで有名なラーメンとのコラボレーションを実現したのです。

二代目・河原秀登氏は本間正章氏のmastermind JAPANを愛用していたことをきっかけに、ラーメン屋「MASTER NOODLE!」として3日間限定で開催されました。

mastermind JAPANのシンボルマークでもあるスカルデザインがあしらわれた限定どんぶりに入れて販売されることとなり、JAPAN BLACKとされたラーメンには自家製の黒いラー油を使用し、JAPAN COOLとされる野菜が多くつかわれている2種類のラーメンが販売され、大変な人気を呼んだ。

また、食べたあとはどんぶりを持ち帰ることが出来るということで、より注目を集める事となりました。

そして、極めつけは、国民的アニメ、世界的アニメ、ワンピースとの究極のコラボレーションがフィギュアとして登場しました。

それぞれのキャラクターにはキャラクターに合ったデザインにスカルやブランドネームがカッコよく使われています。

販売された場所も限られているなど、限定色が強く、ファンの気持ちをつかんだコラボレーションと言えます。

このように様々な年齢層に支持されていることが良くわかりますね。

mastermind JAPANの買取ならコチラ⇛渋谷bring

goro’sのスピリット

Filed under: ブリング — admin @ 12:18 PM

goro’sのインディアンジュエリー・レザークラフトショップは大変有名ですよね。

1971年に高橋吾朗氏によって創立されたgoro’sはインディアンのスピリットが色濃く反映されています。

現地のネイティブ達によって教えてもらった銀細工は、本物の銀細工に触れた人だからこそ創りだせる作品ですよね。

また吾朗氏はレザーカービングの日本における第一人者としても有名ですよね。

原宿表参道にあるショップは連日大盛況で、芸能人にもファンが多いことでも知られています。

作品の中でとても有名なのは、goro’sの翼を広げて飛翔する姿のイーグルやフェザーは、吾朗氏自身が、本物のスピリットを身体に入れた人物の魂そのものを表現したものであり、本場のインディアン達と共に過ごした時間の中で培ったものであると言えます。

また、彼はイエローイーグルという名を授かったことで、より彼の創るアクセサリーに魂のようなものを感じますよね。

ネイティブの魂を持つ吾朗氏のイエローイーグルの名の由来は、イーグルは神聖な鳥を意味し、イエローは太陽と東を意味します。

吾朗氏の作品の中にも、イーグルのモチーフは沢山ありますし、シルバーアクセサリーのなかに、ターコイズや金の部分をあしらった作品も沢山ありますよね。

これらの作品を見ていても、吾朗氏が1つ1つ気持ちをこめて、モチーフを考えられていることが伝わってきますし、これがgoro’sの人気の秘密と言えますよね。

渋谷のBRINGでも取扱っているので覗いてみてください♪

2014年6月2日

カットモデルの思い出

Filed under: 美容室 — admin @ 6:23 PM

今から6年ほど前に、ある美容室のカットモデルをしていたことがあります。

カットモデルといえば、聞こえは良いのですが、念のためにご説明しておくと、見習い美容師さんの技術向上のため、無料でカットしていただける代わりに、いわゆる練習台になるというのが実態です。

基本的に、見習い美容師さんは独自にカットモデルを見つけることとなっており、一度引き受けると余程まずいことでもない限り、その美容師さんが一人前になるまで練習台として頭を貸してあげるのが通例かと思います。

私の場合、当時20歳の女性美容師さんのカットモデルを引き受けていたのですが、スカウトされた場所が、12時頃のコンビニ前だったことが印象深いです。

見習い美容師さんたちは、閉店後の店内清掃なども担当するため仕事を終える時間も必然的に遅くなり、それからモデル探しをすることになるので、どうしてもコンビニに来る客等を狙うしかないのだそうです。

夜食を買った帰りに、いきなりモデルの話を持ちかけられたので、かなり面食らいましたが、話を聞いてみれば目的も求められていることも良くわかりましたし、ごく近所の美容室で素性も明らかでしたので、喜んでお引き受けしました。

その後は、月1回程度のペースで、閉店後のお店でカットしてもらうという暮らしを1年ちょっと続けたものです。

最初は本当に見習いといった感じで、おっかなびっくりという気配すら伝わってくる感じだった施術も、1年がすぎるころにはすっかり自身に溢れ、余裕さえ感じさせるほどになった時点で、お役ごめんになりました。

今では、氏名料もその店で高額な部類に入るほど、立派な美容師さんになっています。

友達がココココの美容室でもカットモデルを探しているって教えてくれたので興味がある方は是非!!

2014年4月2日

カラコンを使ってみての感想

Filed under: カラコン — admin @ 11:36 AM

この前初めてカラコンを使ってみました。

最近は女子高生でもカラコンを使っている人が多くて、それによって自分の存在感をアピールすることができるから、カラコンを使っている女子もとても多くなってきています。

昔ならピアスやネックレス、メイクなどによって個性を引き出していた女子高生などもカラコンによって個性を引き出すようになっています。

そこでよく言われるのが「カラコンをしていたら目に悪くないの?」ということなのですが、最近のカラコンは目に悪いということはありません。

しかし、人には合う合わないがあるので、それはしっかり見極める必要があります。

最近はとくに化粧品店や量販店で購入する人も多いのですが、それが自分にマッチしていないものだった場合は目に悪いので使用しないほうがいいです。

カラコンの基礎知識としてはその人に合うか合わないかをしっかり知っておくことが必要で、すべてカラコンはソフトレンズなので、それが使える人だけがカラコンを使うことができます。

それ以外の人で目が弱い人などは目に悪い影響が出ても大変なので使えません。

しかしながらソフトレンズはほとんどの人に適合するので、目のおしゃれをしてみたいと思っている人はやってみるのもおもしろいかもしれません。

最近はネットでも購入することができて、カラコン通販のQUNQUNなどが若い女性の間で人気となっています。

人気のピンクシリーズ▼

ピンクカラコン一覧

おしゃれをする現代で、そのおしゃれのポイントはだんだん目に移行してきているので、この流行に乗って見てはいかがでしょうか。

2013年11月17日

カラコン レンズデータ

Filed under: カラコン — admin @ 8:41 PM

身長や体重。 靴のサイズのように自分の体の数字を把握しておくことは 身につける物を買う際に不可欠ですよね。

体に合わない服や靴を間違って買わないためにも 何センチなのか体の数字を知っている方は多いと思います。

同じように、カラコンにも様々な数値や数字が存在します。

過去にカラコンを試したことがあるんだけど、合わなかったからやめた。

という話もよく聞きます。

今は昔より 精密に自分の目の様々なサイズを調べることができます。

これを知っておくことで、カラコンを購入するさい 自分の目や視力に合ったカラコンを購入して驚くほど心地よく過ごすことができます。

主なレンズデータは、BC、DIA、CTやPWRなどです。

これらは 自分の目のカーブ具合、目の直径、レンズの厚み、視力の数値などを表す単語と数字、数値です。

自身のレンズデータを把握しておくと 購入の際、非常に役にたちます。

自分の目や視力にあった カラコンを購入するためにも レンズデータを知り、忘れないように どこかに書きとめておくことをオススメします。

なお 時間が経つにつれ、変化する数値もあるので 定期的にアップデートするのもいいでしょう。

2012年2月22日

ホームページの事

Filed under: 未分類 — admin @ 6:07 PM

仕事ではよくやってるんですが
個人でホームページ作ったのは初めて(笑)
ホームページ制作会社に依頼して作ってもらっています。

家ではパソコンもあんまり触らないしー
・・・あ、だからDVD遅れてるわけじゃないよっ(汗)

また感想を聞かせてくださいねっ

さて、DVDの続きでも作ろうかな・・・
今年の練習開始までには・・・なんとか・・・

頑張りますわ。

2012年1月27日

変身願望ってのが、無い方もおられるのでしょうか?

Filed under: 未分類 — admin @ 9:30 AM

変身願望ってのが、無い方もおられるのでしょうか?

私はありましたね!10代の頃。
20代になってからは、それなりに流されつつ、自然と変化があり、結果それでよしとしてしまったのですが、でも30代頃まではまだまだ気持ちの奥に「もっと変わりたい、良くなりたい」という気持ちが横たわっていた気がします。

今は・・・粘土の様に簡単に変えられるものなら、あそこをこうして・・・と、考え始めたら果てしないものはありますが、基本「まっ、これでもここまで生きてこらえたんだから、充分ありがたいしこれでもいいか」というところに落ち着いております。
(努力でよくなれる部分は、その努力を持ちたいものですが・・・)

ところで、会社に気になる女子がおられます。
まだ20歳位に見えるのですが、良く考えてみれば27歳にもなられるのです。

余りに飾り気が無さ過ぎで。
彼女が少しでも流行を取り入れた服を着たり、美容院で髪をカットしてきたりするだけで、大変身にあたるでしょう。

普段の彼女は、小柄な彼女にはブカブカのベージュの木綿の作業服っぽい上着と、ダボダボのベージュのズボン、そして目立たない同じような色合いのトップスに、靴は無地のスニーカー(980円位の感じ)。
極めつけは、27歳の今でも高校卒業からずっと一貫して、後頭部で真っ二つに分けて両側耳の下で黒いゴムで結んだヘアスタイル。

もちろんパーマもカラーも無し。

会社の男性が「(使うところが無いだろうから)貯まってるだろうなあ」と言ったのを聴き、「全くそうだなあ」と気がついてからは、実は私、彼女の事が気になってたまらないのです。

高校を卒業してから、変わるきっかけがないままで、本人も特に不満はないのかもしれないですけど、でも今更どう変わればいいのかわからないのではないかと思うのですね。
余計なお世話なのはわかってるんですが、化粧もせず・・・若い間はまあ良いとして、これからどうなっていくのでしょう。

今のままでは、男性と知り合う機会も無さそうですし、今の彼女を女性として意識するのはちょっと難しそうな気がします。

でも話をすれば、意外と和やかで落ち着いた感じで結構話しやすいですし、顔立ちだって日本人形系で、派手ではないけどちょっと整えれば見違えるように思われます。

髪を切り、まゆやアイラインを少し描いてピンクの口紅を薄く塗り、少し似合う服を選んだだけでかーなり変わる!と思うんですよ。

今は中間職のぼやけた色ばかり着てますが、多分レモンイエローや、サーモンピンクなんか似合う気がします。
髪をシャキッと切り、服は綺麗な色のふわっとしたトップスにストレッチの効いたレギパンとかなら、そんなに違和感なく取り入れられるんじゃないかとか思ってみたり。
一回変わってみれば、きっとその方が本当に自分らしいと思えるんじゃないかとね。自分を生かすというか。

余計なお世話だよねー…。
でもきっかけがあってもいい気がする。
私の大学時代は、ハマトラ全盛だったけど、私はきちゃないキャンバスで毎日ジーンズとTシャツばかり・・お洒落には無縁の大学生だったけど、一緒の漫研にとてもセンスの良い親友ができ、彼女を見ているうちに少しずつ自分に似合うものを探せるようになった。
それが私のきっかけで、それまではただ臆病だっただけではなく、どこからどう工夫したらいいのか、まるきりわからなかったんだなーって思ったから。
10代の頃はお洒落知らず。
20代には試行錯誤で失敗も随分した。
でも20代後半位から自分のスタイルがわかってきて・・・
ただ、30代育児中は私の収入が無かった事もあり、お洒落放棄でしたが、
40代くらいからやっと自分らしく落ち着いてきました。

似合うもはそれぞれ違う、親友にはとても素敵でも私には似合わない事がよーくわかった。
でも私には似合うのに、親友にはまるで似合わないものもあるという発見も。
世の中の沢山の服の中から、自分の為のものを自分で選べることは、結構大事な事だと思う。
結婚相手なんかだって、それと近い感覚なのではないかと思うし。

私が同年代なら、友達になりつつ一緒に服を買ったり美容室に行ったりするんだけど、時間的にも年齢的にもそれは無理なんで、一方的に意見を押し付けるのもナンだしね。

美容室で思い出しましたがネットで探した美容室Balonというお店を発見して先日行ってきました。 雰囲気とかが気に入ったのでお気に入りです。

最後に・・・彼女に自分が重なって見えるから、気になるんだな、きっと。

Powered by WordPress